主に写真+日記+自作の詩です。


by aimee-hoku-mahina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:詩( 5 )

~詩集より(2)~

【秋の夕闇】
雨足が強くなってきた
向こうの空は金風の秋天なのに
冬めく寒さに君を恋しく想って
独り見る忘れ咲きの田畑
静かに暮れる夕闇に
雫滴る残り紅葉
空っぽの心に浮かぶ君の優顔
まるで夕霧の中にひっそりと咲く
茶の花のように
空っぽの心に聴こえる君の声
まるで時雨の秋天にかかる
朝虹のように



【雨だれ】
屋根を打つ雨だれが
軒を伝って
新しい音となる
色づいた樹々たちも
そろそろ冬支度
高く香る秋雨のメロディ
散り行く花紅葉の山々を
静かに潤す
by aimee-hoku-mahina | 2008-10-17 00:55 |

~詩集より~

【青空に浮く鴎】
貴方が広い海だとしたら
私は小さな浮き島
貴方が太陽だとしたら
私は見上げる向日葵
貴方がお月様だとしたら
私は一番星
貴方が満天の星空だとしたら
私はそこに浮かぶお月様
貴方は夜の海の灯台で
私は暗闇を彷徨う小舟
貴方が魔法使いだとしたら
私は箒
そんな貴方はとても素敵で魅力的
そんな貴方は私の夢で
そんな貴方は私の大切な宝物


【銀杏落葉】
独り歩く銀杏落葉の黄色い道
あまりにも君が恋しくて
秋空に叫ぶ君の名前
ルナレインボーのような君との想い出
想い想い独り時雨
忘れ咲きの田畑に煙る
君への想い
涙浮かび香る空を仰ぎ見て
独り君想う銀杏落葉の黄色い道
by aimee-hoku-mahina | 2008-10-17 00:44 |

こんばんわ。

宿直中の私です。

やぁ…最悪、何か臭いと思ったら…パーカーとポロシャツの間にカメムシが潜んでました。。
気絶するかと思った(苦笑)

今日も文章のみですが、近々、また、タウシュベツ川旧国鉄士幌線アーチ橋橋梁群の写真載せます。
1年くらい前からずっと作っている詩を、最近詩集にしてみました。何度かここでも詩を載せていますが、今日も詩を載せましょう。


【薄紅色】
古い街並みの路地に
忘れかけてた思い見付け
坂の上に佇む教会に
忘れかけてた思い見付け
海沿いに並ぶ赤レンガの倉庫群に
忘れかけてた思い見付け
公会堂から眺めた海隣街に
忘れかけてた思い見付け
気付けば長く尾を引くふたつの影も
夜闇照らす夜景に紛れ込む
ふたり並ぶその口笛の
そよぐ夜風の香りに足取り軽く
夢うつつの都会の灯りに
香る薄紅色を恋しく思い
儚く侍する幸せの夢
by aimee-hoku-mahina | 2008-10-17 00:07 |

宿直中。

今日も宿直。
気付いた。どっちかっていうと、宿直中の方が更新する時間ある。
日勤や早番、遅番、明け、公休はどうも家でPCを開く気力がない(笑)
けど、家でやらないと写真載せれなくてね…

明日はお友達とお買い物に行く。
X’masの誰かさんのプレゼントと、自分のお洋服とか色々買いに行くつもり。
夜は踊り(日本舞踊)のお稽古に行くつもり。でも、明日お稽古あるかないかの確認TELする時間なかったから、明日確認してから行かなきゃ。

何だか、今日はまた特に書くことが無い。
しいて書くなら、眠たいということくらいかしら(笑)

そう、来年3月に今度は(日本舞踊菊柳流の)指導員のお試験を受ける。今の準指導員でもお弟子さんもてるけど、お弟子さんを持つことよりも何よりも、師範までとりたいのだ。
上手くいけば、あと、3・4年で師範とれちゃうよ(笑)って、ことは、26・7歳で師範だ(笑)
それもまた凄いな。
まぁ、出来ることならお弟子さんもちたいけど、なんせ休みの不規則な仕事してるからねぇ。。

そうそう、写真を載せれない分、又詩を載せておこうか。

『タコノマクラ』
夕霧雲の広がる砂浜の
灰色にオレンジの混ざるその空の下で
長く伸びる2つの影法師
タコノマクラ探しにはしゃぐ私の傍で
何となく物思い気に貝殻踏みをする貴方
冬の冷たい空気に打ち寄せる波に
打ち上げられる貝殻たち
迫りくる漆黒の闇に聴こえるしばれ音
手を繋ぐことも腕を組むことも忘れ
何の不安も何もかも忘れ
このままずっと一緒に居れたら良いなと思ってた



『冬めく時雨』
独り歩く銀杏落葉の黄色い道
あまりにも君が恋しくて
秋空に叫ぶ君の名前
ルナ・レインボーのような君との想い出
想い想い独り夕時雨
忘れ咲きの田畑に煙る君への想い
涙浮かび香る空を仰ぎ見て
独り君想う銀杏落葉の黄色い道



『ヒトリ君想フ』
雨脚が強くなってきた
向こうの空は金風の秋天なのに
冬めく寒さに君を恋しく想い見る忘れ咲きの田畑
静かに暮れる夕闇に雫の滴る残る落葉
からっぽの心に浮かぶ君の優顔
まるで夕霧の中ひっそりと咲く茶の花のように
からっぽの心に聴こえる君の声
まるで朝時雨の秋天にかかる朝虹のように
by aimee-hoku-mahina | 2007-12-18 21:51 |

あまりにも...

超お久しぶりです!!!皆さんお元気でしたか???
あたしは、相変わらずです。そして、やっぱり今も宿直中(笑)

4誰かさんと鵡川や浦河、十勝、帯広の方へ行って来ました^^この2日間も小旅行+道の駅巡り☆そして、浦河に一泊。
花●牧場や、六●亭の絵を描いた坂本直行さんの美術館も行って来た。
帯広で黒い豚丼を食べようとあるお店に行ったものの…準備中(涙)仕方なく、普通の豚丼を食べて帰ったあたし達。
そして、またそのうちに誰かさんと糠平に行って来ました。
泊まった所は前と一緒。ここは、あたし達、多分一番お気に入り。
大雪山系は雪景色!凄く綺麗だったぁ~!夕焼けに染められる大雪!
夏タイヤのあたしの車で、誰かさんが運転手。道路のふちは雪が少し積もってて、でも、心配してたけど、道路は大丈夫だった。
またこの2日間も小旅行+道の駅巡り★他にも色々行って来た^^

いつもいつも思い感じること、誰かさんと居たり、出掛けたり…「多分、仕合わせ(幸せ)ってこういうことなんだろうなぁ・・・」と思う。
そして、全ての始まりは5月10日だけれど、逢う度に、出掛ける度に、何かが確実に移り変わっている。
雄大な景色を見て、色んな思い出たちを昨日からまた詩にして、そして、挿絵をつけてみたり。

そのうちの3つをここに載せましょう。


『花紅葉』
美しい夕闇の中の山々は
早くも雪衣を纏って
こんなにも森閑し幽邃な山々に
次第に押し寄せる冬の気配
色づいた山々に見るは花紅葉
香る景色に想うかの姿
安閑する心に想うかの姿


『午前3時の星の湯』
午前3時の夜闇の中
ふたりぼっち
冷たく包む秋風に
星降る露天の湯
かの姿に侍する心は
安閑としていて
隠し切れない仕合わせが
星となって降り灌ぐ


『思い出の旅路』
きっと同じ時に同じこと考えてる
きっと同じ時に同じこと思ってる
そして、きっと同じ時に同じく感じてる
by aimee-hoku-mahina | 2007-10-22 21:30 |