主に写真+日記+自作の詩です。


by aimee-hoku-mahina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

宿直中。

今日も宿直。
気付いた。どっちかっていうと、宿直中の方が更新する時間ある。
日勤や早番、遅番、明け、公休はどうも家でPCを開く気力がない(笑)
けど、家でやらないと写真載せれなくてね…

明日はお友達とお買い物に行く。
X’masの誰かさんのプレゼントと、自分のお洋服とか色々買いに行くつもり。
夜は踊り(日本舞踊)のお稽古に行くつもり。でも、明日お稽古あるかないかの確認TELする時間なかったから、明日確認してから行かなきゃ。

何だか、今日はまた特に書くことが無い。
しいて書くなら、眠たいということくらいかしら(笑)

そう、来年3月に今度は(日本舞踊菊柳流の)指導員のお試験を受ける。今の準指導員でもお弟子さんもてるけど、お弟子さんを持つことよりも何よりも、師範までとりたいのだ。
上手くいけば、あと、3・4年で師範とれちゃうよ(笑)って、ことは、26・7歳で師範だ(笑)
それもまた凄いな。
まぁ、出来ることならお弟子さんもちたいけど、なんせ休みの不規則な仕事してるからねぇ。。

そうそう、写真を載せれない分、又詩を載せておこうか。

『タコノマクラ』
夕霧雲の広がる砂浜の
灰色にオレンジの混ざるその空の下で
長く伸びる2つの影法師
タコノマクラ探しにはしゃぐ私の傍で
何となく物思い気に貝殻踏みをする貴方
冬の冷たい空気に打ち寄せる波に
打ち上げられる貝殻たち
迫りくる漆黒の闇に聴こえるしばれ音
手を繋ぐことも腕を組むことも忘れ
何の不安も何もかも忘れ
このままずっと一緒に居れたら良いなと思ってた



『冬めく時雨』
独り歩く銀杏落葉の黄色い道
あまりにも君が恋しくて
秋空に叫ぶ君の名前
ルナ・レインボーのような君との想い出
想い想い独り夕時雨
忘れ咲きの田畑に煙る君への想い
涙浮かび香る空を仰ぎ見て
独り君想う銀杏落葉の黄色い道



『ヒトリ君想フ』
雨脚が強くなってきた
向こうの空は金風の秋天なのに
冬めく寒さに君を恋しく想い見る忘れ咲きの田畑
静かに暮れる夕闇に雫の滴る残る落葉
からっぽの心に浮かぶ君の優顔
まるで夕霧の中ひっそりと咲く茶の花のように
からっぽの心に聴こえる君の声
まるで朝時雨の秋天にかかる朝虹のように
by aimee-hoku-mahina | 2007-12-18 21:51 |